ハンダ付けなど

電気の仕事をやっていて、新人さん等にハンダ付けを教える事があります。
根本的に、経験の無い人は適切なコテを選ぶ事がまずできません。
そして、一生懸命ハンダを溶かそうとしてしまいます^^;
ハンダでくっつけるべき物を加熱するんですよ。
そうじゃないと、ハンダだけ溶けたって、くっつかずにハンダだけ固まるんですってば。

機械関係の作業もある仕事なのですが、
根本的に、経験の無い人はネジ、ボルトをどれくらい締めたらいいのかわかりません。
モノによって様々ではありますが、基本は緩まないようにキツク壊さない程度で止める。
固定する物の材質は何なのか?ネジのサイズや種類は?
緩み止めにSワッシャが入ってるとか、ゴムパッキンやOリングが使われてるとかでも力加減は変わりますしね。
「どれくらい締めるんですか?」って訊かれたらどう答えりゃいいんでしょうね^^;
一度明確に締め付けトルクを言ってあげたら、キョトンとして止まってしまいよりました(笑)
そもそも、ドライバーのNo.2とNo.3が区別できないで、電動インパクトにNo.3のビットを付けて使うべきところをNo.2を使って・・・見事に破壊しておりました^^;

エンジン系の仕事もあるのですが(ナンデモ屋ですねぇ)
オイルを下から抜くのが困難なモノがありまして、チェンジャーで上から抜くのですが、
「すいません」
「何?」
「オイル吸いません」
駄洒落かよ!
エンジンオイルは常温だと粘度が高いから、暖気運転してから抜くんだよ!


現在、2名を預かって育てております。
(夏に辞めた職人さんの穴埋めです)
何処までが一般常識で、何処までが専門技術なのでしょう?
しばらく苦悩しそうです。
[PR]

  by tak_a86 | 2007-11-08 00:29 | 電気の話 | Comments(5)

Commented by すわべ at 2007-11-08 02:07 x
以前こんな事が有りました。

ある装置を組み立てた所、設置場所が微妙に陥没していた為に調整用のシムを噛まさなければいけなくなりまして
(通常、こう言った事を想定して設置には高さを調整出来る機構を付けるはずなのだが、何故かそれが無かった)
急遽簡単な図面を書いて製作部にFAX、即製作となりました。
いわゆる「ポンチ絵」です「マンガ」とも呼びます。
こんなのは略図です、寸法さえ入っていれば「NOT SCALE」で行けます。
要は単なる板を数種類です、板厚はその板の絵の中に「t=1」とか描いておくだけで作れます。

出来上がってきたブツを見て一同大笑い。
板のほぼ中央部に「t=1」と刻印が・・・(笑)
しかも1mmの板に刻印打ったもんだから歪んでしまっている(苦笑)
後で聞いたら、製作部に入って数日の子に「これ作ってみろ」と作らせた物だったそうで・・・
(指示した人は出来たブツを確認しなかったと言う事です)

それから「ポンチ絵の場合、板厚はブツの中には書かない」としております(笑)
Commented by KOZEE at 2007-11-08 18:54 x
>ポンチ絵
私の部下だと20代は壊滅的に通じません。OJTも一苦労です(苦笑)

現場で作業しつつ『そこのアンギュラ取ってくれ』といえば『???』な始末。
『アンギュラて知らんか?』て聞けば『なんかの怪獣みたいですね(笑)』と。
『んじゃこれは何て工具?』とパイプレンチを見せれば・・・


『・・・鈍器』



(つД`)・゚・
Commented by tak_a86 at 2007-11-08 19:41
この手の話は、面白いのが続々出てきそうですねぇ(笑)

このメンツだと、アンギラスとウォーターポンププライヤの違いについて・・というネタで飲めると思うのです。(笑)
Commented by すわべ at 2007-11-09 01:42 x
微妙な所では「アレンキー」が通じなかったりします(汗)

あと「メガネ取って」と頼んだら、ソイツが眼鏡を外したと言う笑い話が(笑)
Commented by tak_a86 at 2007-11-09 04:36
「アレンキー」はほぼ通じないですね。

「ストリッパー用意しておいて」
「え???????」
なんて事もありました。
名前
URL
削除用パスワード

<< 60人全員外出? The JOE >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE