怪魚の正体

あれは、いったいなんだったんだろう?

ずっとずっと何年も、それがわからず
時々思い出しては、正体を探ろうとする。

そんな経験はありませんか?





お話の発端は、今から38年前の1970年です。

私は両親に連れられて、大阪万博を見に行きました。
まだ子供だった私は、難しいものはわかりません。
それでもいろんな物に驚き感動し、充実した一日を過しました。
2時間並んだ挙句、ただの石ころにしか見えなかった「月の石」だけはガッカリでしたけどね。

ヤツに出会ったのは、日本庭園でした。
錦鯉がたくさんいる池を覗いていた時です。
50㎝前後の錦鯉が水面近くをたくさん泳いでいるのですが
その下をとてつもなく巨大な魚が、悠然と泳いでいるのです!
当時の私の身長が120cm程度だったのですが、そいつも同じくらいあります。
両親に「あの魚、何?」と訊いても、わかりませんでした。

そいつは、鯉のように太い身体です。
ヒゲもあります。
最初は巨大な鯉かとも思いましたが、ずっと観察していると「ツラ構え」が鯉とはかなり違います。
下顎が突き出して、めちゃくちゃ獰猛な顔つきなのです。
ヤツの姿は、私の脳に強烈に刻み込まれました。


あれは、いったいなんだったんだろう?
何年もの間、思い出す度に誰かに尋ねてみたり、本を調べてみたり。

「そんなん居るわけない」
「見間違いとちゃうん?」
友人達の多くはそう言っていました。

「もしかしたらコレか?」
という情報もいくつかもらいました。

「カムルチー」「タイワンドジョウ」「アオウオ」「ハクレン」「コクレン」
どれも似た部分はありますが、違うと思いました。

「アロワナ」「シーラカンス」
そんなわけありません!そもそも似てません(苦笑)


一度友人達と酒を飲みながらこの話をした時は
「ライギョ(カムルチー)を見間違えた。」という結論にされてしまいました。
私もだんだん自信が無くなりそうでした。




そして、一昨日の事です。
某所で偶然ヤツの写真を発見しました。
間違いなく、あの時の怪魚そのものです。

c0112826_19331436.jpg

(申し訳ありませんが、どなたが撮影した写真かわかりません)

ヤツの名は、ビワコオオナマズ
日本最大の淡水魚で、通常で1.2mくらいに成長するそうです。
(非公式な記録では、2.7mというのがあったそうです)
琵琶湖と、琵琶湖淀川水系だけに生息しています。


ついに謎が解明できました。
どうやって日本庭園に来たのかはわかりませんが、琵琶湖水系の水を引き込んでいたか、成長する前に鯉の養殖池に紛れ込んでいたか・・
地理的に考えてもありうる事かと思います。
[PR]

  by tak_a86 | 2008-10-29 20:01 | その他

<< 業務連絡 お魚くわえたドラえもん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE